1. ホーム >
  2. おしらせ一覧 >
  3. 八都県市指定低公害車の指定について(平成21年度第2回)

八都県市指定低公害車の指定について(平成21年度第2回)

資料1

1 制度の目的

八都県市首脳会議(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市)では、自動車から排出される窒素酸化物等の大気汚染物質を削減するため、自動車排出ガス規制値(現状又は次期の規制値)の25%以上排出ガスを低減した自動車を八都県市指定低公害車として指定し、その普及促進を図っています。
現在、排出ガス低減レベルは、(1)平成21年基準『超』低公害車 (2)平成21年基準『優』低公害車 (3)平成21年基準『準超』低公害車 (4)平成21年基準『準優』低公害車 (5)平成17年基準『超』低公害車 (6)平成17年基準『優』低公害車 (7)平成17年基準『良』低公害車 の7つが設置されています。

2 八都県市指定低公害車の指定形式

八都県市指定低公害車には、【1】選考審査を経て指定するもの 及び 【2】掲載申込を受理するもの(=電気自動車や国土交通省の低排出ガス認定車等のうち、申し込まれた内容を八都県市指定低公害車として取り扱う)があります。

※ 国土交通省低排出ガス認定車とは
平成12年3月に定められた「低排出ガス車認定実施要領」に基づき認定された自動車をいいます。認定車の一覧は、国土交通省のホームページからご確認いただけます。

3 平成21年度第2回指定委員会「選考審査」について

(1)公募期間

平成21年9月14日(月)〜16日(水)

(2)申請の状況

6社の自動車メーカーから56型式が申請された。

(3)指定の状況

審査の結果、56型式(内47型式は平成17年基準から平成21年基準への移行車両)を指定した。
これにより現在の八都県市指定低公害車型式数は、1,081型式となった。

【1】 排出ガス低減レベル別 指定状況
区分 既指定型式 今回指定型式 合計
平成21年基準『超』低公害車 9型式 47(47)型式 56型式
平成21年基準『優』低公害車 17型式 0型式 17型式
平成21年基準『準超』低公害車 0型式 0型式 0型式
平成21年基準『準優』低公害車 0型式 0型式 0型式
平成17年基準『超』低公害車 64型式 0(47)型式 17型式
平成17年基準『優』低公害車 26型式 0型式 26型式
平成17年基準『良』低公害車 956型式 9型式 965型式
合計 1,072型式 56型式 1,081型式

※( )内は平成17年基準から平成21年基準への移行車両数

【2】 燃料別 指定状況
区分 既指定型式 今回指定型式 合計
電気自動車 0型式 0型式 0型式
天然ガス(CNG)自動車 63型式 47(47)型式 63型式
メタノール自動車 0型式 0型式 0型式
ハイブリッド自動車 44型式 0型式 44型式
液化石油ガス(LPG)自動車 36型式 0型式 36型式
ガソリン自動車 17型式 0型式 17型式
ディーゼル自動車 912型式 9型式 921型式
合計 1,072型式 56型式 1,081型式

※( )内は平成17年基準から平成21年基準への移行車両数

4 平成21年度第2回指定委員会「掲載申込」について

8社の自動車メーカーから74型式の申込みについて、受理した。

このページのトップへ