1. ホーム >
  2. エコドライブについて >
  3. エコドライブ10のすすめ

エコドライブ10のすすめ

Do!エコドライブ プロドライバーに続け!

エコドライブ10のすすめ晴れ渡った空、白い雲、豊かな緑、そんな爽やかな良い風景は、空気がきれいでこそ見られるもの。
エコドライブ10のすすめを実践する事は、大気環境改善と地球温暖化防止につながります。
先進的な事業者(プロドライバー)は、すでにエコドライブに取り組んでいます。
マイカーもこれに続き、Do!エコドライブ!

エエふうけいに、あいたいね。

エコドライブ10のすすめエコドライブは、自動車の運転に起因して排出される大気汚染物質の削減やCO2の削減になり、さらに燃費向上や交通安全にもつながるなど、すぐれた自動車の運転方法です。
エコドライブ10のすすめの頭文字をつなげると「エエふうけいにあいたいね。」青い空を思いながら、実践してみませんか?

エエンジンブレーキを使いましょう。
「停止位置を予測して、早めのアクセルオフ」

アクセルから足を離すと燃料がカットされ、燃料の消費を抑えることができます。先の交通状況を見て停止する位置がわかったらアクセルから足を離して、エンジンブレーキで減速しましょう。日頃から自分の車のエンジンブレーキの利き具合を把握しておく事も大切です。

に荷物は必要なモノだけを。
「不要な荷物を積まないようにしましょう」

車が重くなると、加速時にかかる抵抗が大きくなるなど、燃料消費が多くなる原因となります。ゴルフバッグやキャンプ用品などは、必要な時以外は車から降ろすように心がけましょう。

エエアコンの使用は控えめに。
「エアコンの温度設定はこまめに調節」

エアコンの使用は多くの燃料を消費します。設定温度が外気と同じであっても、スイッチがONになっていると燃料を使いますので、気候の良い時には窓を開けて外気を入れるなどの工夫をしましょう。

あアイドリング・ストップ。
「無用なアイドリングをやめましょう」

停止していてもエンジンをかけていれば、燃料は消費されます。ある程度の時間停止する事がわかっている時や、発進のタイミングがわかりやすい場所ではアイドリング・ストッップをしましょう。

ふふんわりアクセルeスタート。
「発進は一呼吸おいて徐々にアクセル」

発進時はもっとも多くの燃料を消費します。発進する時は、ブレーキから足を離したら、一呼吸おくつもりで、ゆっくりアクセルに足を乗せます。アクセルは徐々に踏み込み、なめらかに加速しましょう。

い違法駐車はやめましょう。
「渋滞を招くので、違法駐車はやめましょう」

交通の妨げになる場所での駐車は交通渋滞をもたらし余分な排出ガスを出させる原因となります。マナーを守り、地球環境を守りましょう。

う運転は加減速を少なく
「車間距離にゆとりをもって、加減速の少ない運転をしましょう」

加減速の繰り返しは燃費消費を増加させます。できるだけアクセルの踏み具合を一定に保つ走行をこころがけましょう。先の信号や前の車の動き、駐車車両や工事箇所の有無など、道路状況をよく見て早めに対処しましょう。

たいタイヤの空気圧をチェック。
「タイヤの空気圧を適正に保つなど、確実な点検・整備を実施しましょう」

タイヤの空気圧が不足すると、より多くの燃料を消費します。タイヤの空気は時間が経つと自然に抜けていきます。見た目ではわかりにくいので、ガソリンスタンドなどで、定期的にチェックする習慣をつけましょう。

けい計画的なドライブを。
「出かける前に渋滞等の情報をチェックしましょう」

余計な距離を走らないために目的地までの経路を確認してからでかけましょう。 燃費を悪化させないために、渋滞情報もチェックしてから出かけましょう。

ね燃費を把握しよう
「燃費を把握することを習慣にしましょう」

日々の燃費を把握すると、自分のエコドライブ効果が実感できます。車に装着されている燃費計や燃費が記録できるウェブサイト・アプリケーション等のエコドライブ支援機能を利用しましょう。

公共交通が便利な場所では、電車、バスを積極的に利用しましょう。

このページのトップへ